結婚指輪を常に身に着けている夫婦は多いですが、着けっぱなしで良いのか気になるという方も少なくありません。シーンによっては指輪を外した方が、傷や変形のリスクを回避できることがあります。今回は結婚指輪を外すタイミングや、適宜外すことによるメリット・デメリットについてのお話です。

 

結婚指輪は、日常的に身に着けている夫婦が多いです。理由は、ふたりの愛の証である指輪を身に着けることで、パートナーの存在を近くに感じられるため。また着けっぱなしにすることで、指輪の紛失を防ぎたいと考えているケースもあるようです。

 

 

結婚指輪を外すタイミング

着けっぱなしにすることが多い結婚指輪ですが、場合によっては外した方が良いシーンもあります。

〈スポーツをする時〉

スポーツをする時は、指に大きな力が加わることがあります。例えば、ゴルフクラブやテニスラケットを強く握る、ダンベルを持ち上げるシーンなどでは、指輪に小さな傷ができたり、変形したりするおそれがあります。指輪の状態を保つためにも、スポーツを行う前に指輪を外しておきましょう。力仕事などを行う際も指輪に負荷がかかるので、外しておいた方が安心です。

〈温泉に入る時〉

指輪の素材によっては、温泉の成分で変色を招くことがあります。お風呂の入浴剤も同様です。変色に強いプラチナも、割金の量や素材によっては変色するおそれがあるので、入浴前に指輪を外すのがおすすめです。

〈水仕事をする時〉

指輪は基本的に水に濡れても問題はありませんが、食器を洗うなどの水仕事の際は外しておくと安心です。弱アルカリ性の食器洗剤は、金属を傷める場合があります。また、調理中に衛生面が気になる人も外すと良いでしょう。

〈就寝時〉

眠っている時は、寝返りや布団を引っ張るなどで、意外と手を動かしているものです。無意識に動かした手がベッドのへりなど、硬いものにぶつかれば指輪の変形を招くこともあります。ダイヤモンドが爪で留められている場合、爪に引っかかって爪が開いてしまったり、衝撃で爪が破損してしまったりすると石取れの原因になります。装飾が華やかな指輪、凹凸のある指輪は外しておいた方が安心でしょう。

〈高温・極寒地にいる時〉

サウナなどの高温の場所、スキー場などの極寒地では、指輪を外した方が安全です。指輪の着用が火傷や凍傷の原因になる恐れがあるため、注意しましょう。

 

 

結婚指輪を外すメリット・デメリット

結婚指輪を適宜外すと、指輪の美しさを保ちやすいですが、外すことによるデメリットも存在します。

【メリット】指輪の美しさを保てる

指輪に負担がかかりそうなシーンでは外すようにすると、変形や歪みを防げます。また、外すことで汚れに気づいて手入れもしやすいでしょう。細かな傷や変色にも気づけるため、早い段階でジュエリーショップなどにメンテナンスに出せるメリットもあります。結果として、指輪の清潔さや美しさを保ちやすいです。

【デメリット】紛失・着け忘れが起こる

指輪を外す頻度が多いと、紛失のリスクが高まります。就寝時などに外すと、忙しい朝に着け忘れてしまうことも少なくありません。また指輪を着けずに過ごしていると、パートナーを不安にさせてしまうこともあります。

紛失・着け忘れを防ぐためにも、指輪の保管場所を決め、そこに立ち寄って指輪を身に着ける習慣をつけると良いでしょう。

 

 

結婚指輪のお手入れ

結婚指輪を着けっぱなしにする人も、適宜外す人も、定期的に指輪のお手入れをするのがおすすめです。また、指輪を外す人は紛失を防ぐために保管方法にも注意しましょう。

指輪のお手入れの基本はから拭き。こまめに行うのがおすすめです。指輪の汚れの原因は、汗や化粧品の付着なので、お手入れしないでいると指輪がくすんでしまいます。乾いた柔らかい布で優しく拭くと、汚れが取れて美しい輝きが蘇るでしょう。

汚れがひどくなってきたら、中性洗剤を使って水洗いするのがおすすめです。プラチナ、ゴールドなどの素材、ダイヤモンドの付いた指輪のお手入れに適しています。パールやエメラルドなどのデリケートな宝石の付いた指輪は、水洗いできないので注意しましょう。

  1. コップにぬるま湯、数滴の中性洗剤を入れて指輪を浸ける
  2. やわらかい歯ブラシを使って、指輪をやさしくブラッシングする
  3. 指輪を水洗いする
  4. 指輪の水分を拭き取る

結婚指輪を購入したジュエリーショップでメンテナンスするのもおすすめです。多くのブランドがアフターサービスでクリーニングなどを行っています。指輪の輝きを取り戻すとともに、指輪の状態などもチェックしてもらえるでしょう。サイズ直しや傷、歪みなどへの対応はブランドによって異なるので、保証内容を確認してみてくださいね。

 

結婚指輪を外した際の紛失を招かないためにも、保管場所をきちんと決めておくと安心です。例えば、キッチンで外すことが多いのなら、指輪を一時的に保管する小物入れなどをその場に置いておくと紛失を防げるでしょう。外出中に外すことがあるならリングケースに入れるか、ネックレスに指輪を通して首にかけるなど、紛失を防いでくださいね。

 

 

大切な結婚指輪の美しさを保つためには、シーンによっては外したり、定期的にお手入れしたりすることが大切です。外す際は、保管場所に注意して紛失を防ぎましょう。結婚指輪を丁寧に取り扱い、永く愛用してくださいね。